日時
 
 会場
 詳細




広瀬 なるみ(ソプラノ)
Narumi Hirose (Soprano) 



奈良県出身。大阪外国語大学卒業。日本声楽家協会声楽家養成課程にて声楽を学ぶ。岡ア實俊氏、高橋大海氏に師事。イタリアにてヴィンチェンツォ・ベッロ、 ステファノ・ジベッラート、ハンガリーにてパースティー・ユリアンナの各氏にベルカント唱法の教えを受ける。
第11回万里の長城杯国際音楽コンクール第3位、第21回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選、及川音楽事務所第23回新人オーディション最優秀新人賞(第1位)、日本イタリア協会第7回グラン・マエストロ中川牧三記念コンコルソ・ムジカアルテ ステッラ部門グラン・フィナーレ(全国大会)入選およびプレミオ・スペチャーレ(特別賞) などを受賞。オペラは、ワーグナー作曲『ワルキューレ』ブリュンヒルデ役およびゲルヒルデ役、プッチーニ作曲『トスカ』タイトルロール役(題名役)、モーツァルト作曲『魔笛』侍女II役、フンパーディング作曲『ヘンゼルとグレーテル』露の精役、プッチーニ作曲『修道女アンジェリカ』修道院長役などに出演。
恒例の東京オペラシティでのソロリサイタルは2017年に5回目を迎え好評を博した。2012年のソロリサイタルは『音楽の友』誌(2012年10月号)のコンサートレビューにて「コントロールの安定した、とおりのよいソプラノで終始インティメートなムードを作った。クィルターの歌曲がよく広瀬の内で充分消化された歌でメッセージが鮮明だった。」と評された。及川音楽事務所所属。日本声楽アカデミー准会員。
オフィシャル・サイト http://bit.ly/soavezza (2017/9/30)