日時
 
 会場
 
 




 
 
  



上江 隼人(バリトン)
Hayato Kamie (Bariton) 



東京藝術大学大学院首席修了。
五島記念文化賞オペラ新人賞受賞。
11年のイタリア、パルマでのヴェルディフェスティバル《トロヴァトーレ》ルーナ伯爵に大抜擢されイタリアデビュー。翌年の二期会オペラ劇場《ナブッコ》タイトルロール、その後イタリアのパルマ王立歌劇場の《スティフェリオ》、カターニャ・ベッリーニ歌劇場《カヴァレリア・ルスティカーナ》、《パリアッチ》などに出演し好評を得る。2014年二期会オペラ劇場《ドン・カルロ》では「貫禄ある立ち姿と口跡のよさで光る」と読売新聞に絶賛された。翌15年NHKニューイヤーオペラ・コンサートに初出場を果たす。同年2月に東京二期会《リゴレット》タイトルロールでは、音楽の友誌や朝日新聞にも「道化の絶唱」と大絶賛された。同年10月にはヴェルディの聖地ブッセートのヴェルディフェスエィバルにて《リゴレット》タイトルロールに大抜擢され好演を博す。16年2月東京二期会《トロヴァトーレ》ルーナ伯爵、4月新国立劇場デビュー、6月には日生劇場《セヴィリアの理髪師》フィガロ役にて出演。
二期会会員。
日本声楽アカデミー会員。(2016/7/7)