日時
 
会場
 
 





黒田 大介(テノール)
Daisuke Kuroda (Tenor) 



日本大学藝術学部卒業。同大学院修了。2014年修士号を取得しドイツ国立ヴュルツブルク音楽大学を修了。 文化庁新進芸術家海外研修制度研修員としてドイツ・ヴュルツブルクへ留学。ドイツ国内に於いて数多くの演奏会に出演した他,ロッシ《オルフェオ》,モーツァルト《魔笛》,ラモー《イポリートとアリシー》に出演。 国内では、サントリーホール《ポッペアの戴冠》を皮切りに,新国立劇場、日生劇場等の主催公演へ出演。また,《メサイア》《ミサ・ソレムニス》《第9》《戴冠ミサ》《ハ短調ミサ》《レクイエム》等の宗教曲のソロを務める。 2010年東京室内歌劇場《ラ・カリスト》以来,古楽アンサンブル『アントネッロ』との共演も多く,〈オペラ・フレスカ〉のモンテヴェルディオペラシリーズ3作全てに出演し,《オルフェオ》ではタイトルロールを務める。
丹羽勝海,吉田浩之,Vittorio Terranova,Endrik Wottrich,Christian Elsnerの諸氏に声楽を,Holger Berndsen氏に歌曲解釈を師事。
第14回日本モーツァルト音楽コンクール奨励賞受賞。
日本声楽アカデミー会員。(2015/12/21)