日時
 会場
 詳細









永崎 京子(ソプラノ)
Kyoko Nagasaki (Soprano) 



東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学大学院修士課程オペラ科修了。
安宅賞、NTTドコモ賞を受賞。
学部在学中に東京都交響楽団と共演し、デビュー。その後「芸大メサイア」をはじめとして学内外のコンサートに出演。
バッハ『ヨハネ受難曲』『ロ短調ミサ』、ヘンデル『メサイア』、モーツァルト『レクイエム』『ハ短調ミサ』、ハイドン『天地創造』『四季』、ブラームス『ドイツ・レクイエム』、フォーレ『レクイエム』などのソプラノソロを務める。
オペラでは、モーツァルト『フィガロの結婚』(伯爵夫人)『ドン・ジョヴァンニ』(ドンナ・アンナ)『コシ・ファン・トゥッテ』(フィオルディリージ)、プッチーニ『ボエーム』(ミミ)などに出演。
2003、04年、読売日本交響楽団と共演し、ロジェストヴェンスキー指揮によるストラヴィンスキー・チクルス第1回『日本の3つの抒情詩』、第2回オペラ『ナイチンゲール』、第4回『プルチネルラ』にソリストとして出演。
2006年にはサイトウキネンフェスティバルで小澤征爾指揮によるメンデルスゾーン『エリア』でソプラノUソロを務める。
また2008,09年には指揮者の大野和士氏が企画し、司会とピアニストを務めるチャリティーコンサートに参加している。
これまでに、米良俊一、川島幸子、高橋大海、平松英子の各氏に師事。
日本声楽アカデミー会員。(2010/3/1)