日時
 
 会場
 
 


 
 




本人のブログ
http://rolfplus.jugem.jp/

竹内 雅挙(バリトン)
Masataka Takeuchi (Bariton) 



富山県立呉羽高校音楽コース卒業。東京藝術大学卒業。同大学大学院修士課程修了。 黒崎隆憲、高橋大海、故伊藤亘行、竹内則雄各氏に師事。 オペラでは芸大オペラプロジェクト「カヴァレリア・ルスティカーナ」アルフィオ役でデビュー後、愛媛県民オペラ「フィガロの結婚」伯爵役に客演。その後、富山市民文化事業オペラ「お小夜」半九郎役、「班女」良雄役、富山県文化事業団「夕鶴」運ず役、HANDSON「魔笛」・富山オペラ協会「魔笛」パパゲーノ役、「月の世界」エルネスト役、「カルメル会修道女の対話」司祭役、「こうもり」ファルケ役等、大小の舞台に出演。とりわけ浅草オペラ「ボッカチオ」公演(浅草公会堂)タイトルロール、同「軍艦ピナフォア」ラルフ役では、存在感溢れる演技と台詞と歌唱を披露した。 オーケストラアンサンブル金沢や東京フィルハーモニー等プロオーケストラとの共演も多く、「第九」、フォーレやモーツァルトの「レクイエム」等のソロを歌う。 ドイツ歌曲は重要なレパートリーで、北日本新聞社主催「北日本新聞社ホール推薦演奏家シリーズVOL.3」でのリサイタル(1997年)やシュツットガルト音大のピアニスト、故カール・デイビスとの共演(1999年)、2回目となるソロリサイタル(2008年)では、ディクション、解釈、表現力など好評を博す。修士論文は「ヴォルフとメーリケのフモール」。 日本歌曲も多くのレパートリーを持ち、邦語歌唱のオペラ公演、声楽作品の初演等でも貴重な存在として活躍。
2000年富山国体開会式式典音楽ソリスト。小澤征爾氏主宰「音楽塾」参加。 他にも区内財団や教育委員会主催の学校訪問、施設訪問、クラシック歌手による愛好家対象の「うたごえ倶楽部」(新宿、西東京、横浜、富山)や童謡の会も定期的に行うなど、音楽による交流を積極的におこなっている。 合唱指導にも定評があり、大規模公演の合唱指揮をはじめ、5団体の合唱団指揮者、指導をおこなっている。 またコンサート企画制作、音楽教室運営スタッフと、多岐にわたる音楽活動をおこない、制作コンサート・事業は年間50事業に及んでいる。 JCDA日本合唱指揮者協会会員、同実行委員。NPO法人日本声楽家協会正会員(日本声楽アカデミー会員)、および同事務局長。(2016/2/5)