日時
 会場
 
 詳細








 

田中 樹里(ソプラノ)
Juri Tanaka (Soprano) 



東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学院音楽研究科修士課程オペラ専攻修了。スウェーデン・ヨーテボリ大学音楽演劇学部オペラコースに留学。留学中、イギリス、ノルウェー、スウェーデン、スイスに於けるオーディションに合格し、ヨーテボリオペラに所属した。大学卒業時アカンサス音楽賞及び同声会賞受賞。野村国際文化財団奨学生としてイタリアでベルカント唱法を学ぶ。
オペラでは、藝大定期オペラ≪皇帝ティートの慈悲≫でデビュー後、ラウレッタ、ミミ、ミカエラ、ネッダ、アルチーナ、つう、≪魔笛≫侍女2、≪ラインの黄金≫ヴェルグンデ、≪耳なし芳一≫奥女中若女、≪天生≫破戒神、≪浦島太郎≫竜宮の侍女、≪病床六尺に生きる≫正岡子規の母 八重等を歌う。
また最近では「副科声楽教育に関する一考察」(東京藝術大学附属音楽高等学校紀要 2015)、「副科声楽教育 ーアンケートに見る本校における現状と課題ー」(東京藝術大学附属音楽高等学校紀要 2018)、「副科声楽 はじめの1曲 ーA.Scarlatti ≪Sento nel core≫ー」(NPO法人日本声楽家協会会報「日本の声 日本の音」2018)等、副科声楽をテーマとし研究する一方で、日本歌曲の演奏にも力を入れ、フォルテピアノ奏者小川加恵氏と積極的に演奏活動を行なっている。
これまで林康子、朝倉蒼生、宍戸悟郎、ウバルド・ガルディーニ、森島英子、ビルギット・ルイス・フランドセンの各氏に師事。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、目白大学人間学部非常勤講師。日本声楽アカデミー会員。2018年日本声楽家協会研究員修了。(2019/2/8)