河内 夏美(ソプラノ)
Natsumi Kawauchi (Soprano) 



千葉県鎌ヶ谷市在住。三歳からピアノを始める。上野学園大学短期大学部音楽科卒業と同時に武蔵野音楽大学声楽科3年次に編入学。同大学卒業。東京藝術大学音楽学部別科入学。同大学修了。二期会オペラスタジオ代43期修了。在学中、定期演奏会、卒業演奏会、W.A.モーツァルト作曲戴冠ミサ、ソリスト出演。1994年、1996年、1998年ジョイントリサイタルを行う。2004、2006年ソロリサイタルを行う。オペラでは「蝶々夫人」の蝶々さん、「コシ・ファン・トゥッテ」のフィオルディリージ、「魔笛」のパミーナ、ダーメ1、「フィガロの結婚」の伯爵夫人をつとめ好評を博す。最近の活動としては、今年3月鎌ヶ谷市主催の鎌ヶ谷市芸術鑑賞会、川端康成原作、創作歌劇「童謡」にて半玉の小蝶役、9月に船橋市市制70周年記念公演にて同創作歌劇の女中頭八重役を務める。2007年10月鎌ヶ谷市にてソロリサイタルを行い、満席の観客を魅了する。コンセール・ヴィヴィアン新人オーディション合格。TIAA全日本クラッシック音楽コンサート合格。三井住友ビル主催ラウンジコンサート出演など、数多くの演奏会、オペラに出演する傍ら、声楽やピアノなど積極的に、後進の指導にも努める。高橋大海、本澤尚道、島崎智子、各氏に師事。現在、二期会会員。日本声楽アカデミー会員。初音舎会員。冬の会会員。(有)東京オペラTOG所属。日本声楽家協会研究員ディプロマ。 (2007/10/25)