日時
 会場
 詳細








米谷 毅彦(バリトン)
Takehiko Maiya (Bariton) 



盛岡一高、中央大法科卒業、東京藝大大学院独唱専攻修了。東京混声合唱団正団員を経て1994-98年渡欧、ヴェネツィア、ミュンヒェン、ヴィーンの各地に在住。 コンスタンツァ国立歌劇場第1バリトン契約、同歌劇場公演"リゴレット"題名役デビュー。ドイツ、イタリア、オーストリア、オランダ、ルーマニア他ヨーロッパ各地で演奏活動を行い、97年ヴィーン国際音楽コンクール声楽2位、フランス歌曲演奏を顕彰されJ.F.ペレヌー協会特別賞受賞。オペラの他にも欧州各地で、オラトリオやカンタータの独唱を多数務める。
帰国後は新国立劇場や二期会本公演他に多数主演、一方役者としても俳優座劇場を始め全国の舞台で好評を得る。取り分け近現代作品の初演や難解な原語台詞役は高く評価され、広い音域と共に夥しい数のレパートリーは周知の処である。
帰国記念”美しき水車小屋の娘”を始め歌曲独唱会も継続的に開催、又”第9”や宗教曲での管弦楽作品の独唱も数多い。一方合唱指揮者としては"東京荒川少年少女合唱隊"他数々の合唱団の常任指揮者、又各地でコンクールの審査や講評も数多く務めている。日本声楽家協会研究所アドヴァイザー兼別科主任、日本声楽アカデミー会員、聖徳大学講師、二期会会員。(2015/9/5)